スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コミPo!】キャラの置き方・構図について【TIPS】

 コミPo!でマンガを作るようになってから、いろいろマンガの描き方本をあさってみました。
 マンガの場合、絵の描き方だけでなくストーリーの組み立てからコマ割りや構図の作り方まで、いろんな知識と技術が必要になってきます。
 コミPo!は幸い絵作りをツールに任せられるので、それ以外の部分をしっかり作れればいいわけです。


 このTIPSは、今まで作ってみてなんとなく出来上がってきた自分流のTIPSをまとめたものです。
 もしかしたら間違っている点や違う解釈、もっといい方法などもあるかもしれません。

 ……が、まああまり細かいことは気にせずにまとめていきます。
 もしかしたら誰かのお役に立てるかも、というのももちろんですが、こうやって言語化することもまた大切なのです、というのを理由にしておきます。


 さて、長くなるとあれなのでこのへんで。
 内容は織り込みます。
 コマの中にキャラや背景を配置するときは、手前にカメラがあると想定します。
 カメラは地面からの高さ、上下左右の角度、ズームの機能があり、それを調節しながら画面を作っていくわけです。

 コミPo!のカメラから選べるのはキャラの向きと距離。
 正面、ナナメ、横、後がそれぞれバスト、アップ、全身。
 それに足元、真上、真下。など。
kouzu-tips_001.jpg


 当然ですが、これをそのまま配置するとすべてのコマで似たような画面になり、ものすごく絵が単調なマンガになってしまいます。

 なので角度を変えるわけですが、じゃあどう変えればいいのか、が問題になってきます。

 細かく解説しようとするとそれこそマンガやイラストなどの解説書を読んだほうが早い、となってしまうので簡潔にまとめると、
 ・カメラの高さ。大雑把に3段階にわけると、だいたい目の高さ、それより下、上くらい。
  目の高さは人が会話するシーンなどの普通のコマ、下のものは足や影だけ見せたり。上はキャラではなく空や風景を映したり。
kouzu-tips_002.jpg

 ・カメラの角度も大雑把に3つにわけて、横、上向き(アオリ)、下向き(フカン)。キャラを下から見上げると大きく・強い印象になり、見下ろすと逆に弱く小さい印象になります。
kouzu-tips_003.jpg

 ・ズームも3つくらいにわけると、全身が入る望遠、キャラのひざ上が入るくらい、ほぼ顔だけくらいのアップ。望遠はより客観的な視点になり、アップは感情移入しやすく。
kouzu-tips_004.jpg

 ・ほかにも、目だけアップとか(驚いた表情を強調したいときとか)、顔の下半分だけ(あえて表情を見せないことで感情を読み手に想像させる)、手だけ・足だけ、なんていうのも使います。
kouzu-tips_005.jpg

 ・もちろんカメラの中心にキャラをおく必要はなく、右や左にも自由に。

 つまり、そのシーンでそのキャラにどういう印象を与えたいか、で決めるわけです。
 ……まあそれ以外にもいろいろあるのですが。


 構図に関してはいろいろ本が出ていて、かなり奥深いようです。
 とりあえず今回はここまで。


 コミPo!でキャラを配置するとき、のTIPSでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。